赤ら顔・赤鼻をなんとかしたい!「ピオリナ」と「白漢しろ彩」がおすすめ!

  • ちょっとした室温の変化ですぐに顔が頬やアゴ、鼻が赤くなってしまう
  • 赤みが強いからメイクもかなり厚めにしなくちゃならない
  • 赤くなるとピリピリ・チクチクして、とっても不快

あなたはこのような赤ら顔や赤鼻の症状に悩んではいませんか?

「なんで私だけがこんなに赤くならなくちゃならないの!!」
と、恥ずかしい思いになってしまいますよね(∵`)

赤ら顔の原因は主に、肌荒れによる毛細血管の拡張によって赤血球が目立ち、透けて肌が赤く見えてしまうことなんです。

これまでは「赤ら顔」は、きちんとした解決法が無い症状でもあったんです。
ところが最近は肌荒れや血管の炎症を抑えることで改善できることがわかってきたんです!

そこで、そんな赤ら顔の症状をおさえるために生まれたのが「赤ら顔専用ローション」なんです♪

今回は、そんな赤ら顔専用ローションの中でも、最も評価の高い「ピオリナ」と「白漢しろ彩」の違いと選び方をご紹介いたします♪

「いったい中身はどう違うの?」「どっちが試しやいの?」というあなたの疑問にしっかりお答えしますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪
まずは成分や効果の違いからご紹介します♪

ピオリナと白漢しろ彩の全成分

それではまず、「ピオリナ」と「白漢しろ彩」の有効成分と全成分です。

美容成分比較

商品
ピオリナ 白漢しろ彩
全成分 【全成分】水、BG、グリセリン、メチルグルセスー20、ベタイン、アラトイン、グリコシルトレハロース、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)、グリセリル、オタネニンジン根エキス、ブクリョウエキス、マグワ根皮エキス、グリチルリチン酸2K、ラウロイグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミドAP、セラミドNP、加水分解水添デンプン、加水分解コラーゲン、カルマボー、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、水酸化K、PEG-60水添ヒマシ油、ペンチレングリコール、メチルパラベン、プロピルパラベン 【全成分】水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、プランクトンエキス、アルギニン、クエン酸Na、シクロヘキサシロキサン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、オクタカプリル酸ポリグリセリル-6、PEG-60水添ヒマシ油、プラセンタエキス、グリコシルトレハロース、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ステアリルアルコール、PPG-6デシルテトラデセス-30、加水分解水添デンプン、リン酸アスコルビルMg、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、クエン酸、メタリン酸Na、コンフリー葉エキス、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、ポリ-ε-リシン、シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na、ショウガ根茎エキス、センキュウエキス、セラミドNG、カンゾウ葉エキス、セラミドNP、水溶性コラーゲン、ブクリョウエキス
ケア成分 オタネ人参(高麗人参)エキス 海洋深層エキス
ケア成分 グリチルリチン酸2K ショウガ根茎エキス
美容成分1 アラントイン 甘草
美容成分2 次世代型ビタミンC誘導体 茯苓

 

「ピオリナ」と「白漢しろ彩」は、どちらも同じ赤ら顔ケアアイテムですが、一見すると配合成分がかなり異なっているように見えますね。
それぞれの効果で言いますと、「抗炎症」「修復」「美容」という構成で、かなり近いものがあると言えます。

それではそれぞれの成分の特徴や違いをご紹介します。

まずは「ピオリナ」から!

ピオリナのおすすめポイント

赤ら顔の原因は、肌が荒れたり弱くなったりして薄くなり、炎症して拡張した血管が透けて見えてしまうこと。
このような考え方から生まれたのが「ピオリナ」なんです♪

  • ターンオーバーを正常化して肌環境を整える
  • 肌トラブルを改善
  • 炎症した血管の鎮静
  • 美容成分によってお肌を健康に
  • バリア機能を高める
  • サプリメントによるWケア

このような作用によって赤ら顔ケアをサポートしてくれるんです♪

ターンオーバーを正常化して肌環境を整える

ピオリナには新陳代謝促進作用・細胞賦活作用・血行促進に効果的な和漢の王様「オタネ人参(高麗人参)エキス」が高濃度で配合されており、この作用によって、あなたのお肌を急速に正常な状態へ修復してくれるんです♪

肌トラブルを改善と炎症した血管の鎮静

さらにピオリナには、細胞壊死組織を除去する作用があると同時に、新しい正常な皮膚組織の生成を助長する植物から取れる成分である「アラントイン」、そして高い抗炎症作用と修復能力を持つ「グリチルリチン酸2K」、これらの成分によって、赤ら顔を引き起こす肌トラブルの改善をして炎症を抑えてくれる効果が期待できます。

美容成分によってお肌を健康に

ピオリナには、修復したお肌をさらに健康に保ち、血管が透けにくいお肌を作るために、美容成分もたくさん配合されています。
その一つが「次世代型ビタミンC誘導体」!

ビタミンC誘導体が、美肌や美白にとっても有効な成分だということは有名ですが、ピオリナに配合されている「次世代型ビタミンC誘導体」はこれまで以上に浸透力の高いビタミンC誘導体なんです♪

ですから、赤ら顔ケアにとても高いサポート力を示してくれるんですよね。

お肌のバリア機能を高める

バリア機能を高めるといいますと、それはやはり「保湿」の効果ですよね。
赤ら顔になりやすい方というのは、お肌のバリア機能が弱って刺激を受けやすい状態にあるんです。

ピオリナには高い保湿力を実現するために、

  • 天然ヒト型セラミド
  • アミノ酸系セラミド類似体
  • 修復型ヒアルロン酸

という3つの高機能保湿成分を配合しているんです♪

この優れた保湿成分のおかげで、お肌のラメラ構造を整えて強いお肌を作ってくれるのです。

お肌に優しい処方

さらにピオリナは「合成香料」「石油系界面活性剤」「合成着色料」「パラペン」「アルコール」「鉱物油」という6つの添加物を使用しておりません!

赤ら顔はそもそも「敏感肌」や「乾燥肌」の方がなりやすいと言われていますので当然と言えば当然かもしれませんね。
これらの効果によって、「ピオリナ」はお肌を赤ら顔のない健全なお肌にサポートしてくれるので、使用者満足度95.7%という高い実感度を実現しているんですね♪

肌が荒れやすいせいで顔が赤くなる。また、赤ら顔になってしまうときにはお肌がピリピリするという場合に、ピオリナは有効なようです!

それでは次に、「白漢しろ彩」の成分と効果をご紹介いたします♪

白漢しろ彩のおすすめポイント

赤ら顔の原因は、炎症して広がった血管がお肌を透けて見えてしまうこと。

このような考え方から生まれたのが「白漢しろ彩」なんです♪

つまり白漢しろ彩は、

  • 広がった血管にアプローチする
  • 血行を促進しお肌を強くする
  • 肌荒れを防ぎ炎症を鎮静化
  • 保湿作用でバリア機能を高める

このような作用によって赤ら顔ケアをサポートしてくれるんです♪

広がった血管にアプローチする

「白漢しろ彩」には血管の広がりをケアしてくれる成分「海洋性エキス」を配合されています。
この海洋性エキスは地中海から抽出された美容成分なんです。

なんとこの海洋性エキス、28日間のモニター実験の結果、86%の被験者に46%もの赤みの減少が確認されたんですって!
つまりこの海洋性エキスは血管の広がりにアプローチしてくれるので、赤ら顔に対する素早い効果が期待できるんですね♪

血行を促進しお肌を強くする

さらに白漢しろ彩には、血行促進・保湿・抗菌作用に効果が高いと言われる「ショウガ根茎エキス」、血行促進・抗炎症作用・鎮静に効果が高いと言われる「センキュウ」、これらの成分によって、肌荒れを改善をして炎症を抑え、さらに健康な肌へと導いてくれるんです。

肌荒れを防ぎ炎症を鎮静化

そして白漢しろ彩は、グリチルリチン酸の原料でもあり、セラミドの合成やバリア機能を高めてくれる「甘草」、保湿効果やむくみを流して美肌に導てくれる「茯苓(ブクリョウ)」といった和漢の成分を多く使用しているのが特徴。

バリア機能をアップする保湿成分

さらに白漢しろ彩には美白や殺菌効果に優れた「ビタミンC誘導体」も配合しているんです。

しかも保湿効果でお肌のバリア機能を高めてくれる「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」まで配合!

お肌に優しい処方

さらに白漢しろ彩は「香料」「着色料」「パラペン」「アルコール」「フェノキシエタノール」「鉱物油」という6つの添加物を使用しておりません!
ですから乾燥肌や敏感肌、肌荒れの症状がみられるあなたでも安心しお使いいただけます♪

これらの効果によって、「白漢しろ彩」はお肌を赤ら顔ケアに高い支持を得ているんですよ(·∀·)
肌荒れ勝ちというわけではないけれど、「皮膚が薄い」「もともと血管が目立つ方だ」という方に白漢しろ彩は有効なようです。

常に顔が赤い人は「白漢しろ彩」を!

それぞれの効果を比較してみますと、

  • ピオリナの方が、より肌荒れや血管の炎症ケアに効果の高い成分で構成されている
  • 白漢しろ彩の方が、血管拡張ケアに効果の高い成分で構成されている

ということが言えます。

ですから、気温差や温度差など関係なく常にお肌が赤い、肌が薄く血管が透けやすい方だ、という場合は白漢しろ彩を選ばれた方がよろしいですね♪

敏感肌で肌荒れしがちなら白漢しろ彩を

敏感肌のせいで、ちょっとした刺激や温度変化でもすぐに顔が赤くなってしまう。
この場合、どちらもすぐれた成分を配合しております。

でも、「天然ヒト型セラミド」「アミノ酸系セラミド類似体」「修復型ヒアルロン酸」といったより保湿効果の高い成分を配合。
「アラントイン」のようなお肌の修復成分も配合しているピオリナがよろしいですね♪
さらに敏感肌に合わせてアルコールやパラペンを配合していない優しいつくり!



肌荒れがちでピリピリを伴う赤ら顔にはピオリナ

顔が赤くなるときにピリピリやチクチクを伴ってしまう方。
そんなあなたには「オタネ人参エキス」や「アラントイン」によってお肌を補修してくれるピオリナが適しています。

さらに高い抗炎症作用を持つ「グリチルリチン酸2K」で肌荒れを抑え、「天然ヒト型セラミド」「アミノ酸系セラミド類似体」「修復型ヒアルロン酸」、これらの協力保湿によってお肌を正常に保ってくれますので、肌荒れによる赤ら顔に悩んでいる方にはぴったりの化粧水です◎

お肌の水分保持もしてくれるので乾燥肌の方にはピッタリなんです♪


あなたの症状に合わせて、赤ら顔ケアローション選びのお役に立てましたら嬉しく思います♪

でも「どちらも自分に合ってそうだから余計に迷っちゃう」という場合は、価格も重要な選ぶ要素になりますよね?
というわけで次に「白漢しろ彩」と「ピオリナ」の価格やコースの価格、お試しやすさを比べてみます♪

成分比較のまとめ

成分の特徴を見てみますと、その内容や効果の期待値はほぼ互角といえるのではないでしょうか。
「肌荒れケア成分」も「保湿成分」も「美容成分」も、それぞれ同じくらい効果の高い成分を使用しています。

敢えて違いを挙げてみますと、

  • ピオリナの方が、より肌荒れや血管の炎症ケアに効果の高い成分で構成されている
  • 白漢しろ彩の方が、血管拡張ケアに効果の高い成分で構成されている

ということが言えます。

ですから成分的に選び方をご紹介しますと、
肌荒れによる赤ら顔でピリピリやチクチクもあるという方は「ピオリナ」を。
室温や気温の変化ですぐに顔に赤みが出てしまうという方は「白漢しろ彩」を。

このように選んでみるとよろしいかもしれません♪

どっちが試しやすい?価格比較♪

 

それではまず最初は、ピオリナと白漢しろ彩の通常価格とコースの価格の差です。
ちなみにお値段はどちらも税別価格でご紹介しております。

価格比較

商品
ピオリナ

100ml

白漢しろ彩

100ml

通常価格 6,980円 5,600円
コース初回価格 1,980円 4,480円
コース2回目以降 4,480円 4,480円
返金保証 30日間 30日間
約束回数 無し 無し
コース特典 送料・手数料無料

ピオリナサプリ1ヵ月分

送料・手数料無料

 

ピオリナと白漢しろ彩の成分や効果が近いものなら、どちらも試してみたい!どっちにするか迷っちゃう!
と悩んでしまいますよね?

だったら、まずはピオリナを試してみてはいかがでしょうか?

30日間の返金保証が付いたピオリナの定期コースは、なんと初回が72%も安くなるんです♪
しかも2回目以降はピオリナも白漢しろ彩も同じお値段ですので、ピオリナの方が断然お得ですよ♪

しかも価格の話だけではありません。

ピオリナを定期コースでご注文しますと、30日間分の「ピオリナサプリメント」が特典としてついてくるんです!
このサプリメントはもちろん、赤ら顔ケアをサポートするサプリメントで、外側からと内側から赤ら顔ケアができる、ということですね♪

もし悩んでいるのであれば、返金保証も付いているので、ピオリナから試してみてはいかがでしょうか♪

最初にも記述しましたが、「赤ら顔」をケアしてくれるスキンケアアイテムってとっても少ないんです。
でも今なら100%ではないかもしれませんが、きっとあなたの悩みを軽くしてくれることは間違いありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です